長野陸協は1日、2008年北京五輪の陸上男子400メートルリレーで銅メダルを獲得した塚原直貴さん(32)=富士通・岡谷市出身=の引退レースを11日に長野市営陸上競技場で行うと発表した。同じ会場で開催する日本選手権混成(10、11日)の間に実施する。

 レースは100メートルで、午後1時スタート予定。本人の希望により、同時開催の県選抜陸上・長野市大会の参加者らとともに走る。日本選手権混成と同様、入場は無料。

 塚原さんは日本選手権100メートルで3連覇を達成するなど日本短距離界のエースとして活躍し、昨年11月に引退を表明した。北京五輪400メートルリレーに関しては国際オリンピック委員会(IO...    
<記事全文を読む>