今年四月にあった米ボストンマラソンの八十歳以上クラス(男子)で三位に輝いた下條道晴さん(81)=八王子市館町=が一日、同市役所に石森孝志市長を訪ね、大会での活躍を報告した。下條さんは「タイムにこだわりながら走り、自分でもびっくりするくらいの成果が出せた」と話した。

 (萩原誠) 同クラスには下條さんら八人が出場し、六人が完走した。下條さんが四時間三十八分十一秒でゴールすると、最後の直線で観戦している市民の歓声が響いていて感動したという。

 下條さんは山岳部に所属していた高校時代、一九五三年のボストンマラソンで山田敬蔵さんが優勝したことに衝撃を受け、ずっと心に残っていたという。陸上自衛隊を退...    
<記事全文を読む>