B1栃木ブレックスのガード渡辺裕規(わたなべひろのり)(29)が引退する意向であることが26日、分かった。

 神奈川県出身の渡辺は青学大から2010年、JBLパナソニック入り。同球団の休部に伴い、13年にブレックスに入団した。同年はユニバーシアード日本代表としてもプレー。ブレックスでは当初から主力として活躍した。

 Bリーグ初年度の16-17年シーズンは得点力のあるガードとしてレギュラーシーズン60試合、チャンピオンシップ6試合の全試合に出場した。昨年11月5日の北海道戦、12月25日横浜戦では20得点以上を記録。要所の得点で試合の流れを変えられる貴重な選手で、ファンからの人気も高かった。...    
<記事全文を読む>