日本バスケットボール協会は23日、男子日本代表チームのアシスタントコーチに、元日本代表で北陸高(福井)出身の佐古賢一(さこ・けんいち)氏(46)が就任すると発表した。7月1日付。

 今季までの3年間、B2広島のヘッドコーチ(監督)を務めていた。北陸高時代の1988年には全国総体(インターハイ)で優勝し、中央大3年のときに日本代表に初選出。いすゞ自動車、アイシン精機に所属し、11度のリーグ優勝を経験している。

 佐古氏は同日、東京都内の日本協会で開かれた会見に臨み「現役時代には五輪の切符を手に入れられなかった思いがある。2020年の東京五輪を最大の目標とし、日本代表選手にいろんな風を吹き込ま...    
<記事全文を読む>