プロバスケットボール男子Bリーグ1部(B1)レバンガ北海道の運営会社代表を兼ねる折茂武彦選手(47)は19日、札幌市内で会見し、50歳で迎える2020年東京五輪の出場を目指す考えを示した。

 リーグ最年長選手として去就が注目される中、折茂選手は現役続行を表明。「プロとしてやる以上、最高の舞台を目指したい。笑われるかもしれないけど、夢を諦める必要はない」と述べ、バスケットを始めた時からの目標である五輪出場への意欲を口にした。

...    
<記事全文を読む>