青森県弘前市のはるか夢球場で18日開幕した「第6回東アジアカップ女子ソフトボール大会」。開幕戦の始球式では元代表監督・市職員の斎藤春香さん(47)が打者を務め、思いを込めたスイングで会場を沸かせた。「3年後の東京五輪金メダルのため、弘前から良いスタートを切ってほしい」。大会運営業務に奔走する斎藤さんは、長年ともに戦ってきた代表選手らの活躍に期待を寄せている。

...    
<記事全文を読む>