この男にとって、それは最高の勲章だった。

 5月30日、Bリーグ年間表彰式。ベストディフェンダー賞に自らの名前が呼ばれると、栃木ブレックスの遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)は照れくさそうに壇上に上がった。

 相手の嫌がる守備で遠藤の右に出る者はいない。昨オフは初めて日の丸を背負った。「自分の価値が上がったと感じられたし、バスケット人生、キャリアで大きな意味のあるシーズンだった」 相手は左右どちらへのドリブルが多いかなど、癖や特徴を見抜くすべにたける。そして一番意識するのは「どちらのサイドに味方が多くいるか」。さらにオフボールでの駆け引きで「メンタルを崩すのが楽しい」と極意を語った。
...    
<記事全文を読む>