地域、所属超え児童参加 特別講師に米留学・酒井選手 ミニバスケットボールを通じ、子どもたちの強い心を育む「北陸学院バスケットボールクラブ」が今春、金沢市の北陸学院小学校の体育館を拠点に発足した。野々市市出身で、現在は米国にバスケ留学している日本男子のホープ酒井達晶選手(20)を特別講師に迎えるなど、積極的な活動を展開している。(前口憲幸) クラブは学校や地域の枠組みを超えて、所属チームの有無に関係なく参加できる県内唯一の「バスケ塾」。強豪・館野ミニバスの男子監督で、県バスケットボール協会で競技力向上の責任者を務める白山晃さん(49)が指導に当たる。五、六年生を中心に約五十人が週二回、個人...    
<記事全文を読む>