バスケットボール男子、B1仙台は14日、ガード片岡大晴(31)=仙台高-白鴎大出=がB1京都に移籍すると発表した。

 仙台市出身の片岡は2015年、ナショナルリーグ(NBL)の北海道(現B1北海道)から加入し、bjリーグとB1で計2季プレー。B1に参戦した16~17年シーズンはリーグ戦全60試合に出場してチームの日本人選手トップの551点をマークする活躍を見せたが、チームはB1残留プレーオフで敗退して来季の降格が決まった。

 片岡は「退団は自分自身のバスケットボールと成長を一番に考えて決断した。仙台でプレーできたことに心から感謝している」と球団を通じてコメントした。

...    
<記事全文を読む>