プロバスケットボールBリーグの初代王者で、宇都宮市を本拠地とする栃木ブレックスの鎌田真吾社長と古川孝敏、遠藤祐亮両選手が、同市役所で佐藤栄一市長を表敬訪問した。日ごろの応援に感謝し、チームが独自に作製したチャンピオンフラッグを贈った。

 鎌田社長は、三日に市内の中心部で選手らのパレードが盛大に行われたことについて、「みなさんの協力で選手らを祝っていただき、ありがたい。感謝します」とあらためて謝意を示した。佐藤市長は「ファンだけではなく、県民が本当に喜んだ。こんなにうれしいことはない」と応じた。

 古川選手は「栃木を元気づけられて、うれしい。熱い方が多く、栃木のファンも日本一だと思う」と話し...    
<記事全文を読む>