プロバスケットボールBリーグ・秋田ノーザンハピネッツの新ヘッドコーチ(HC)に、メキシコ男子代表HCなどを務めたジョゼップ・クラロス・カナルス氏(48)が就任することが12日、分かった。13日にも正式に発表される。

 クラロス氏はスペイン・バルセロナ出身。1993年に全米大学体育協会(NCAA)加盟大学のアシスタントコーチとなったのを皮切りに、メキシコ、スペイン、ポルトガルなどでプロリーグのHCを歴任した。

 95年に中米エルサルバドル代表、2010~13年にメキシコ代表のHC。14~15年はカナダナショナルリーグのチームを地区優勝に導いた。

...    
<記事全文を読む>