バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)広島ドラゴンフライズの佐古賢一前監督が10日、広島市中区のホテルで記者会見し、辞任の意思に変わりがないことを明かした。続投を求めていた後援会から10万712筆の署名活動の結果を受け取った上で、「退団の報告をするのは苦しい」などと涙ながらに話した。クラブは今後、佐古氏にアドバイザー的なポストでチームに残ることを要請する見通し。

...    
<記事全文を読む>