バスケットボール男子Bリーグ3部(B3)は8日、東京都で理事会を開き、来季2部(B2)から降格する鹿児島レブナイズ(鹿児島R)が2017年~18年シーズンに入会することを承認した。鹿児島Rは経営難が続いており、リーグによる毎月の経営状況確認や経営基盤強化へ向けた対応策を受け入れることが条件という。

 新運営会社「鹿児島レブナイズ」の園田明会長らは同日、鹿児島市で会見し、「関係者の多大なご協力のおかげで再スタートを切ることができた。B2復帰に向けた体制をつくりたい」と述べた。入会承認を受け、鹿児島Rの運営権は7月1日付で現在のスポーツフロンティア鹿児島から新運営会社に譲渡する。
...    
<記事全文を読む>