「プロとして勝ちたかった試合。自分たちの実力が足りなかった」。母校に敗れた仙台の中野は苦渋の表情を浮かべた。

 0-1の前半31分、エリア内で佐々木のパスを受け、左足で同点ゴール。後半5分には、左からのクロスがそのままゴールに吸い込まれた。「(母校を)意識したつもりはないが、モチベーションにはなった」と語る通り、左サイドを縦横無尽に駆け回った。

 仙台での初得点となった17日の鳥栖とのリーグ戦に続く2試合連続ゴール。「パフォーマンスは上がっている。しっかり練習して決定的な仕事をしたい」と次に気持ちを切り替えた。

...    
<記事全文を読む>