サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第3日は21日、駒場スタジアムなどで2回戦32試合が行われ、初戦のJ1浦和はJ3盛岡(岩手)に3―2、大宮はtonan前橋(群馬)に3―0と、それぞれ順当勝ちした。

 2失点した浦和だが、辛くも振り切った。

 前半29分、高木の左クロスをズラタンがヘッドで折り返したボールが相手のハンドを誘いPKを獲得するとズラタンが冷静に決め先制。後半8分に中央をつながれ、元浦和の林に同点ゴールを決められたが、18分に長沢の浮き球パスを受けたズラタンが右足で蹴り込み勝ち越し。34分にはオナイウがとどめを刺した。■チーム移...    
<記事全文を読む>