サッカー天皇杯2回戦で、ヴァンラーレがJ1甲府に1―0で競り勝った。JFLのリーグ戦では6試合連続で白星を飾れず、苦しんでいた中での価値ある1勝。須藤貴郁主将は「最近はサポーターに自分たちの良い姿を見せられなかった。勝ちたいという気持ちを持って全力で戦えた」と〝ジャイアントキリング〟達成を喜んだ。

...    
<記事全文を読む>