サッカーの第97回天皇杯全日本選手権は21日、各地で2回戦を行った。J2モンテディオ山形は天童市のNDソフトスタジアム山形でJ2長崎と対戦し、延長戦の末、1―0で競り勝った。3回戦は7月12日、J1鹿島と対戦する。

 山形はリーグ戦から先発メンバーの多くを入れ替えて臨んだ。前半は互いに攻めが単調で得点機は少なかった。後半は山形がペースをつかみ、32分にFW永藤歩がこの日2回目の警告を受けて退場処分になった後も流れを渡さなかった。延長後半8分、途中出場のDF荒堀謙次のシュートのこぼれ球をFW瀬沼優司がヘディングで押し込み、勝ち越し点を奪った。

 このほか、初戦のJ1勢でFC東京、札幌、仙台、...    
<記事全文を読む>