サッカーの第97回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、静岡新聞社など共催)は21日、ヤマハスタジアムなどで2回戦32試合を行った。

 静岡県勢対決となったJ1磐田とホンダFC(JFL、シード)はPK戦の末、磐田が勝利。昨年16強のホンダFCは健闘したが、及ばなかった。

  磐田(J1) 2(0―0 1―1 延長 0―0 1―1 PK5―4)2 ホンダFC(シード) ▽得点者【磐】松本、川又【ホ】古橋(PK)、遠野 【評】磐田がホンダFCとのPK戦にもつれ込む接戦を制した。

 磐田はリードを守り切れず苦しんだ。後半14分の松本、延長後半12分の川又のゴールで勝ち越したが、粘るホ...    
<記事全文を読む>