J1仙台は20日、天皇杯全日本選手権2回戦の筑波大(茨城)戦(21日19時・ユアスタ仙台)に向け、仙台市の泉サッカー場で約1時間半、最終調整した。

 ミニゲームでは、17日のリーグ戦鳥栖戦で今季初ゴールを決めたMF中野が、左ウイングバックで切れのある動きを披露。3バックの右に入ったMF椎橋も精力的に動き回り、先発入りをアピールした。

 筑波大は初戦でJ3のYS横浜(神奈川)を2-1で下した。関東大学リーグ1部では現在首位を走る。J1磐田に入団が内定しているFW中野の守備の裏への抜け出しに注意したい。

 渡辺監督は「(2-5で大敗した)昨年初戦のJ3盛岡戦の失敗は繰り返さない。どんなに不細工な...    
<記事全文を読む>