「夢へのチャンス」 金沢市のサッカーチーム「パテオフットボールクラブ金沢ジュニアユース」に所属する西出琥珀(こはく)選手(12)=小松市向本折町、同市芦城中学校一年=が、十三歳以下の日本選抜「エリートプログラムU-13」メンバーに北陸三県で唯一選ばれ、二十日から佐賀県である日韓交流プログラム(二十五日まで)に参加する。全国二十人の枠にJリーグ下部組織の選手が多く選ばれる中、地方クラブチームから数少ない“たたき上げ”の選出。日韓サッカー界のホープが集う場を「夢へのスタートライン」ととらえ、飛躍を誓う。

 球際の強さと堅い守備を誇るミッドフィルダーで、ボールを奪い攻撃の起点となることを心掛け...    
<記事全文を読む>