サッカーのオランダ1部リーグ・ヘーレンフェインで今シーズンを過ごし、帰国中の小林祐希選手(25)が19日、南陽市の農業法人を訪問した。自身も食べているというコメの生産現場を視察。山形のコメ作りなどに理解を深めた。

 小林選手は、同市の黒沢ファーム(黒沢信彦社長)の田んぼで2015年、「つや姫」の田植えを体験した戸谷禎秀(さだよし)さん=ホテルオークラアムステルダム勤務=と知り合ったのが縁で、昨年11月から同社の有機米「夢ごこち」を食べている。その食味に感動し、イタリア1部リーグ(セリエA)インテル・ミラノの長友佑都選手(30)にもコメを贈ったというほどのほれ込みようだ。

 今回の県内入りは...    
<記事全文を読む>