サッカードイツ2部カールスルーエを退団した元日本代表MF山田大記(28)=藤枝東高出=が19日、古巣のJ1磐田の練習に参加し、「欧州のクラブと合意に向けて話をしている。まだ海外で何も結果を残せていないし、この状況で諦めて(日本に)帰るのは本意ではない」と、具体的なチーム名は明かさなかったが、交渉が大詰めを迎えていることを明らかにした。

 山田は2011年に磐田に加入し、J2に降格した14年7月にカールスルーエに移籍した。移籍1年目に昇格争いを演じたが、今季は最下位で来季の3部降格が決定し、シーズン終了後に退団を表明していた。

 磐田での練習参加は海外移籍後初めて。23日までの予定で、名波監...    
<記事全文を読む>