鈴鹿市を拠点にJリーグ入りを目指す鈴鹿アンリミテッドFCが、頂点のJ1から数えて5部に相当する東海社会人サッカーリーグ1部で首位を快走している。全14戦のうち6戦を終えて通算成績5勝1分け、勝ち点16で首位をキープしている。昨年度リーグ覇者のFC刈谷と今季初めて対戦した17日も1―1の引き分けで無敗を保った。0―0で迎えた後半、MF堀河俊大のFKをDFキローラン木鈴が頭で合わせて先制した。東京ヴェルディ、ギラヴァンツ北九州などを経て今季新加入したキローラン選手にとって入団後初ゴールとなった。アディショナルタイムにキーパー曵地裕哉のクリアミスをつかれて同点にされたが、小澤宏一監督は「去...    
<記事全文を読む>