【帯広】道リーグの十勝のスーパーバイザーに就任した元日本代表の城彰二氏(42)=室蘭市出身=が16日、帯広市内で記者会見し、「選手の育成などで、これまで培ったノウハウを生かしたい」と抱負を述べた。

 城氏はチームで選手の指導や勧誘に携わり、3年後の日本フットボールリーグ(JFL)への昇格を目指す。「サッカーの基礎を学んだ北海道で道民のために何かをしたいと思った」と要職を引き受けた思いを語った。会見には、チームを運営するリーフラス(東京)の藤川孝幸常務も同席し、来季からチーム名を「十勝スカイ・アース」に変更することを発表した。

...    
<記事全文を読む>