県サッカー協会は13日までに、石崎忠利(いしざきただよし)会長(73)が退任、新会長に星野務(ほしのつとむ)副会長(65)の就任を決めた。任期満了に伴う役員改選で、10日の2017年度第1回総会で選任した。任期は2年。石崎氏は新たに設けた最高顧問に就いた。

 役員改選は25人の理事を選出後、臨時理事会で各役職を決定した。

 星野氏は元壬生高校長。1985年に理事に就き、理事長などを歴任した。

 副会長には橋本健一(はしもとけんいち)前常務と高瀬利明(たかせとしあき)前理事が就任。J3栃木SCとの連携強化のため、栃木SCの橋本大輔(はしもとだいすけ)社長も選任した。前副会長の岩原克彦(いわはら...    
<記事全文を読む>