サッカーの国際親善試合、キリン・チャレンジカップは7日、東京・味の素スタジアムで行われ、日本はシリアと1―1で引き分けた。

 攻撃陣の連係向上を課題に挙げていた原口は左ウイングで先発出場。イラク戦のピッチ状態を考慮し、前日から口にしていた「ハイボールからのコンビネーション」が随所で輝きを放った。

 前半9分に大迫のポストプレーでボールを受けると、ペナルティーエリア手前から右足シュート。惜しくもGKの正面を突いた。同41分には素早くマークを外して左足を振り抜いたが、シュートはバーの上を通過。前半終了間際にはドリブルで持ち上がり、今野との連係から好機を演出した。

 1点を追う後半13分には左サイ...    
<記事全文を読む>