フットサルのFリーグが10日に開幕する。昨季、2年連続で12チーム中11位に終わったアグレミーナ浜松の課題は、リーグ最少の得点数。名古屋から2季ぶりに復帰する中村友亮(30)=静岡学園高出=、強烈な左足が武器の前鈍内(マエドンチ)・マティアスエルナン(28)ら実績ある選手を迎え入れ、攻撃力の強化を図る。

 経験豊富なベテラン勢が加入し、組織力やメンタル面で大きな改善が見られた昨季。攻守のバランスを崩して大敗する試合が減り、1試合の平均失点数を一昨季の4点台から3・6点に抑えた。一方で決定力に泣く試合が多く、得点は60と、リーグ最下位の仙台を下回った。保田健二朗監督(44)は「ここぞという...    
<記事全文を読む>