サッカー元日本代表として活躍した北沢豪さん(48)を招いたサッカー教室が三日、伊勢市朝熊町の伊勢フットボールヴィレッジであり、県内の小学生百六十人がドリブルやリフティングを教わった。

 狭い範囲をドリブルで動き回る練習では、北沢さんは「ぶつからないために、自分の足とボールが離れないよう意識しよう」とアドバイス。細かいタッチでドリブルするコツを伝えていた。

 心構えにも触れ、サッカー日本代表選手になったら六万人の観衆の前でプレーすることになるとして「恥ずかしがらずに人前に出てほしい」と強調した。

 教室は「JA共催カップ県少年サッカー大会」の十周年を記念してJA共済連三重(津市)が開催。大会は...    
<記事全文を読む>