南さつま市役所にサッカー独1部リーグのケルンで活躍する同市出身の大迫勇也選手(27)の懸垂幕が登場。終盤を迎えたワールドカップアジア最終予選を前に、日本代表の大迫選手を応援しようと後援会が掲げた。

 長さ8メートル、幅1メートルの幕に「SAMURAIBLUE 日本代表 大迫勇也選手」と大書。実家近くの万世の大崎交差点付近には、縦2メートル、横5メートルの「御声援よろしくお願いします」の横断幕も設置した。

...    
<記事全文を読む>