明治安田J3は11日、各地で2試合を行い、カターレ富山(暫定3位)は秋田市のあきぎんスタジアムでブラウブリッツ秋田(同位)と1-1で引き分けた。通算6勝4分け2敗で勝ち点を22とし、順位は変わらない。

 富山は前半、5試合連続無失点で今季無敗の秋田の堅い守備に対し、左サイドを起点に攻撃を組み立て、ミドルから積極的にシュートを放った。38分、MF西室が繰り出した低いクロスを、ゴール前に飛び込んだDF佐々木一が左足で蹴り込み先制した。

 後半もDF代のヘディングシュートがクロスバーをたたくなど見せ場をつくったが、追加点を奪えなかった。ロスタイムに、相手に最終ラインから前線へと一本のスルーパスを...    
<記事全文を読む>