サッカー明治安田J3第11節第1日は3日、大阪市のキンチョウスタジアムなどで4試合を行い、FC琉球はセレッソ大阪U―23に2―1で勝利した。琉球は直近5戦負けなしの2連勝で通算4勝4分け3敗とし、勝ち点16で暫定6位に浮上した。

 琉球は前半から持ち前の攻撃的なパスサッカーを展開した。左でロングパスを受けたDF藤澤典隆がドリブルでゴール前に切り込み、相手守備をかわして前半37分に先制ゴールを決めた。1―0の後半には、前半途中から出場したMF名倉巧がゴール前での細かいパス回しからのこぼれ球を押し込み、同23分に追加点を挙げた。試合終盤に1点を奪われたが、そのまま逃げ切った。

 琉球の次戦は1...    
<記事全文を読む>