第19回日本フットボールリーグ(JFL)ファーストステージ第15節は25日、ならでんフィールドなど7会場であり、奈良クラブは2―2でヴァンラーレ八戸と引き分けて3勝5分け7敗、勝ち点14の11位でファーストステージを終えた。セカンドステージは7月8日に始まり、奈良クラブは県立橿原公苑陸上競技場で武蔵野シィティFCと対戦する。

 奈良クラブは前半32分に小井手の右サイドからのクロスボールをゴール正面で坂本が右足で合わせて先制した。

...    
<記事全文を読む>