サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)は4日、第1ステージ第12節4試合があり、ヴィアティン三重(桑名市)は四日市市中央緑地陸上競技場で、栃木ウーヴァFCと0―0で引き分けた。通算成績は3勝5敗4分けの勝ち点13で全16チーム中9位。ヴィアティンは第10節で採用した3バックを継続。前後半通じて相手のシュート数を6本に抑え、12本のシュートを放つが得点につながらなかった。後半にもFW藤牧祥吾、坂井将吾を投入して好機をうかがうがゴールを割れなかった。主催者発表によるとこの日の観客数は、3月に同会場で行われたホーム開幕戦(1343人)に迫る1309人。海津英志監督は「出場停止の(DF)...    
<記事全文を読む>