日本サッカー協会(JFA)が全国各地を訪問し、サッカーに携わる地元関係者と意見交換する「JFAサッカーファミリータウンミーティング」が4日、八戸市の津波防災センターで開かれる。ミーティングに参加するため来八した同協会の田嶋幸三会長が3日、市内で本紙の取材に応じ、「子どもたちが夢を追い続けられる環境を整えたい」と展望を語った。

 田嶋会長は、2016年3月に会長に就任。タウンミーティングは、各都道府県協会へのサポートを適正に行うために、実情を把握したい―という田嶋会長の思いから実現した。

 青森県内にはJ3昇格を目指す、日本フットボールリーグ(JFL)のヴァンラーレ八戸とラインメール青森の2...    
<記事全文を読む>