一時の停滞期を脱し、再び上昇気流に乗りつつあるJ2徳島ヴォルティス。原動力の一人が、直近7試合で5得点と大暴れしているFW山﨑凌吾(24)=岡山県出身=だ。今季、J1鳥栖から完全移籍した、高さと突破力が魅力の若きストライカー。「このチームで必ずJ1に昇格する。プレーを磨き、自分もチームも成長したい」とさらなる飛躍を誓う。

 今季の初ゴールは5月17日の金沢戦。FW渡の右サイドからの低いクロスに左足で合わせた。6月3日の群馬戦、17日の熊本戦で各1得点、25日の山形戦では2得点し、自身のシーズン通算最多得点に早くも並んだ。

  187センチの高さと力強い突破力で前線の起点になっている。ツート...    
<記事全文を読む>