福岡での初練習を終えた元斗才(ウォン・ドゥジェ)は「試合に出てチームのJ1昇格に貢献したい」と意気込んだ。元U-19(19歳以下)韓国代表は187センチの長身でセンターバックとボランチの両方ができるユーティリティープレーヤー。「海外でチャレンジしたかった」と韓国の複数プロクラブからの誘いを断り、漢陽大を休学し、福岡入りを決断した。

 ポジションも重なるU-20日本代表の冨安とはクラブの寮で生活をともにする。韓国の「東京五輪の星」は日本のホープを「練習を初めて一緒にやって、うまい選手だと思った」とチェック。Jリーグをステップに欧州など海外でのプレーを目指しているという共通点もある。1歳下の...    
<記事全文を読む>