総社西小学校(総社市久代)で28日、サッカーJ2・ファジアーノ岡山のコーチを招いた「人権スポーツふれあい教室」が開かれ、5、6年生54人が思いやりやチームワークの大切さを学んだ。

 普及コーチの内海賢也さん(22)ら4人が訪問。体育館で、児童は2人一組になって相手が受け取りやすいようにパスの練習をした。9人ずつのチームに分かれ、8人が1列になって広げた足の間に1人がボールを通すゲームなども楽しんだ。

 内海さんは「相手に対する思いやり、協調性を大切にして学校生活を楽しんでほしい」と呼び掛けた。6年男子(11)は「チームで協力することの大切さが分かった」と話していた。

 同教室は、岡山地方法務...    
<記事全文を読む>