J2ファジアーノ岡山は26日、前日にアウェーの長野県松本市で行われた松本戦の開始前に一部の岡山サポーターがSNS(会員制交流サイト)のツイッターに不適切な投稿をしたと発表し、クラブの公式ホームページで松本側に謝罪した。近く厳重注意処分にする。

 ファジアーノによると、25日夕、会場の松本平広域公園総合球技場で撮影した男性サポーター3人の挑発的なポーズの写真と「松本は死ねば良い」との文章がツイッターに投稿された。同日中に削除されたが、クラブは3人を特定。Jリーグと協議し、処分内容を決めた。

 ファジアーノは「皆さまに不快なお気持ちとご迷惑をお掛けし、深くおわび申し上げます。再発防止に努めます...    
<記事全文を読む>