自衛隊山口地方協力本部とサッカーJ2レノファ山口は20日、自衛官募集のPRポスターにレノファの選手を起用すると発表した。同本部によると、プロスポーツ選手の起用は全国でも珍しい。7月1日から山口県内に掲示する。ポスターはA2判で、GK山田元気選手と陸上自衛隊山口駐屯地所属の現役自衛官が握手を交わす様子を中央に配置し、「守る」のメッセージを添えている。50枚作り、県内の同本部出張所などに掲示する。山口市八幡馬場の同本部で発表があり、秋本康雄本部長とレノファの河村孝社長がポスターを披露。自衛隊のジャンパーとレノファのユニホームを交換し、今後もさまざまな分野で協力していくことを確認した。同本部...    
<記事全文を読む>