サッカーJ2は第19節第1日の17日、各地で10試合を行い、モンテディオ山形は横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で横浜Cと対戦、後半ロスタイムにゴールを奪い、1―0で勝利した。通算成績は8勝8分け3敗で勝ち点は32。順位は前節から三つ上げて5位となった。山形は9戦負けなし。

 山形は0―0で迎えた後半開始から攻勢を強め、何度も相手ゴールを脅かした。ピンチもあったが無失点でしのぎ、試合終了間際、カウンターからFW永藤歩、MF瀬川和樹とパスをつなぎ、MF瀬沼優司が右足シュートでゴールネットを揺らした。山形側のサポーターは千人以上が詰め掛けた。

 21日の天皇杯全日本選手権2回戦(対長崎)を挟み、リー...    
<記事全文を読む>