またも「代打オレ」!! J2で19位のロアッソ熊本が14日、清川浩行監督(50)と財前恵一ヘッドコーチ(48)を成績不振に伴い解任し、池谷友良社長(54)が新監督に就いたと発表した。いずれも13日付。熊本市内で会見した池谷新監督は「降格させないのが絶対条件」と覚悟を示し、残留へのノルマを勝ち点42に定めた。社長だった2013年途中に監督代行を務めてJ2残留を果たした実績を生かし、降格危機のチームを再び救う。■現在19位と低迷 池谷氏は前身のロッソ熊本が九州リーグに所属していた05年、監督に就任。J2昇格初年度だった08年限りで退任、ゼネラルマネジャーや社長など経営に携わってきた。J1昇...    
<記事全文を読む>