明治安田J2第18節最終日(11日・Pikaraスタジアムほか=7試合)カマタマーレ讃岐は金沢に1―0で競り勝ち、12試合ぶりの勝利を挙げた。勝ち点を13に伸ばし、順位を20位に上げ、降格圏を脱した。長崎は熊本を1―0、愛媛は岐阜を2―0でそれぞれ下した。長崎が勝ち点31で5位、愛媛は同30で7位。水戸は松本を1―0で破り、3連勝とした。次節は17、18の両日に各地であり、カマタマーレは17日に大分県の大分銀行ドームで11位大分と対戦する。第18節最終日(1)ピカスタカマタマーレ讃岐2勝7分け9敗(13) 1(0―0)0 金沢4勝4分け10敗(16)                  ...    
<記事全文を読む>