J2徳島ヴォルティスは10日午後4時から、鳴門ポカリスエットスタジアムで4位の湘南ベルマーレと対戦する。前節群馬戦は攻守がかみ合い、12試合ぶりの複数得点、無失点の快勝で7位に浮上した。ドロー続きだった5月の「足踏み」から解放されたイレブンは、昇格圏への再浮上を期して難敵に挑む。

   ここ数試合、決定力不足が目立った徳島だが、群馬戦は前線のFW2人が縦パスのワンチャンスを確実に決めた。相手DFの後ろへ鮮やかに抜け出て価値ある2点目を挙げた山﨑は「前線へボールが来ると信じて準備はしていた」と振り返る。

  守備面でも8試合ぶりの無失点。先発3戦目のGK長谷川が前半に群馬の絶好機を好セーブし...    
<記事全文を読む>