サッカーJ2の徳島ヴォルティスは3日、前橋市の正田醤油スタジアム群馬でザスパクサツ群馬と対戦し、2-0で下した。徳島は第11節の福岡戦以来、6試合ぶりの勝利。通算7勝6分け4敗とし、勝ち点は27。首位との勝ち点差は6に縮まった。

 両チーム好機を迎えながら0-0で折り返した後半、18分にMF岩尾が相手DFの裏に出した浮き球のパスを、FW渡が右足で冷静に決めて先制。ロスタイムの48分にはDFヴァシリェビッチが前線へ送ったボールにFW山﨑が反応し、左足で追加点を奪った。J2第17節 正田醤油スタジアム群馬 観衆4186人徳島 2-0 群馬   0-0   2-0得点 徳島 後半18分、渡大生...    
<記事全文を読む>