明治安田J2の第17節は3日、8試合を行った。FC岐阜はホームの長良川競技場で山形と対戦し1-1で引き分けた。6戦勝ちなしの5勝7分け5敗、勝ち点は22で順位は暫定14位のまま。

 岐阜が試合開始直後からボールを支配した。前半23分にFW古橋が敵陣でボールを奪い、ペナルティーエリア前まで進入。逆サイドから上がったFW大本がボールを受け、左足でネットを揺らした。先制後もMF庄司らのスルーパスなどで相手ゴールに迫り、リードして試合を折り返した。

 後半は前に出てきた相手に対し、カウンターを仕掛ける回数が増加。古橋を中心に決定機をつくったが26分に右サイドを破られて同点ゴールを許した。岐阜はFW...    
<記事全文を読む>