サッカーJ1の広島から、アジアの強豪クラブ・アルアイン(UAE)に移籍する塩谷司選手(28)=徳島県小松島市出身=が、移籍の理由や今後の目標、日本代表への意欲、故郷の徳島への思いなどを語った。(聞き手=デジタル編集室・城福章裕) ―オーバーエージ枠でリオ五輪に出場した。経験をどう捉えている  全然ダメだった。初戦とか特に。2戦目、3戦目と手応えつかんできた中での敗退だったので自分の経験不足、力のなさが出たと思っている。もし今後、オリンピックだったり、W杯だったり、代表の舞台で日の丸を背負う機会があったときに、ああいう失敗しないように、いろんなことを経験していかないといけないなと。そのた...    
<記事全文を読む>