サッカーJ1のサンフレッチェ広島から、アジアの強豪・アルアイン(アラブ首長国連邦=UAE)のクラブに移籍する塩谷司選手(28)=徳島県小松島市出身=が、移籍の理由や今後の目標、日本代表への意欲、故郷の徳島について語った。(聞き手=デジタル編集室・城福章裕) ―移籍を決めた理由は 1つはやっぱり海外でプレーしたいという思いが昔から自分の中でありました。国内でプレーするなら広島でずっとプレーしたいと思っていまして、もし海外からオファーがあればチャレンジしたいという思いがある中で、今回アルアインからオファーをいただいて、悩んだのですが、海外でチャレンジしたいという思いが強くて移籍することにし...    
<記事全文を読む>