J1磐田の運営会社ジュビロ(木村稔社長)は27日、2017年3月期決算を発表した。純利益は6200万円(前期比28・9%増)で、8年連続の黒字を確保した。

 売上高は前期比3億700万円増の33億300万円。J1に復帰し、入場料や広告料、用品販売の収入が大幅に増えたのに加え、リーグからの配分金も増加した。増収分をチーム人件費などに充て、総経費は3億1900万円増の32億6300万円だった。

 本年度は昨季27万人を超えたホーム入場者数の目標に30万人達成を掲げ、3億円の増収を見込む。木村社長は「売上高が増え、利益も確保し、クラブの経営基盤ができた。攻めの経営に転じたい」と、増収分を戦力の補...    
<記事全文を読む>