■ラストマッチ終え誓い 若き司令塔の巣立ちを万雷の拍手が祝福した。鳥栖市で25日にあったサッカー・J1のサガン鳥栖対浦和レッズ戦は、ドイツの古豪・フランクフルトへの完全移籍が決まった鎌田大地選手(20)のラストマッチ。1万7913人が来場し、前途を祝して「世界で輝け 鳥栖の大地!」の横断幕も掲げられた。

 鎌田選手は、持ち前の技術力と鳥栖で培った走力を生かして躍動した。後半20分にコーナーキックから先制点をアシストすると、スタジアムの興奮は最高潮に達した。45分には同期の福田晃斗選手がゴールを決め、白星をもぎ取った。

 観戦した会社員小柳寿一さん(50)=小城市=は「Jリーグの『お荷物』と...    
<記事全文を読む>