サッカーJ1第16節の25日、15位のコンサドーレ札幌は千葉県柏市の日立柏サッカー場で首位の柏と対戦し、1―2で敗れ6連敗となった。通算成績は3勝3分け10敗。勝ち点は12のままで16位に後退した。

 前半にPKから先制を許した札幌は後半17分、ゴール正面からのFKを今季初出場のヘイスが決め同点に。終盤は自陣に人数をかけて引き分けによる勝ち点1を狙ったが、後半43分、右サイドを突破したディエゴオリヴェイラに決められ力尽きた。

 札幌は次節の7月1日、札幌ドームで清水と対戦する。

...    
<記事全文を読む>